12月中旬の日記へ

12月下旬の日記


いきなりその日の日記を見たい場合は、アドレスの後に"#[月][日]"をつけてみて下さい。
(例)12月20日の日記 → ・・・/diary/diary199812-3.htm#1220
 その日の日記が存在すればそこに即座にジャンプして読むことが可能です。
日記猿人」に参加しております。
よろしければ、清き1票をお願いします
(Powered by Nikki Engine)


98.12.20

今日の1曲: 「冬のうた」/Kiroro

98.12.21

今日の1曲: 「野イチゴが揺れるように」/CHAGE&ASKA

最近、なんだかイライラすることや腹の立つことがなんだか多いです。 特に、自分とは生理的に合わない
人と、長い時間一緒にいることには耐えられません。 少しならまだいいのですが、時間がたつにつれて
だんだん自分の気持ちに嘘がつけなくなってきてしまいます。

98.12.22

今日の1曲: 「Virtual Insernity」/Jamiroquai

 自分の中に、「現実の世界での自分」と「仮想の世界での自分」の2人がいる。

 「現実の世界の自分」は、いろんな束縛に縛られていたりしてなかなか思い通りに行動できない控えめな性格の
持ち主。 それに、いろいろと悩みやコンプレックスや恥部を抱えている。 なかなか自分を好きになれないでいる。

 他方、「仮想の世界の自分」は、すぐハジけれてなんでもやりたい放題、とても奔放で外交的な性格の
持ち主。 それに、悩みもコンプレックスも恥部もためらいもない。 自分のことを大変気に入っている。

 人は、そんな2人の自分を持っていないと生きて行けないのかもしれない。 もしも片方だけだったら
いつかバランスが崩れて、現実のつらさに押しつぶされるか、世間から見放され絶望してしまうか、
どちらかの運命をたどることに・・・ なってしまうかもしれない。

(「仮想と現実」っていうテーマで1つポエムを作ってみました。 :-)

98.12.23

今日の1曲: 「Over」/V6

98.12.24

今日の1曲: 「snow drop」/L'Arc〜en〜Ciel

 "snow drop"は花の名前だ、とゆうのは有名な話です。(某音楽番組で本人たちが語っていたし。)
しかし、"snow drop"という名前の由来はあんまり知られていないですよね。(ぼくだけかも?)
今日、Infoseekで"snow drop"と検索して出てきたサイトの1つで、その由来を知りました。 それは、

   ----------------------------------------------------------------
     世界のものにはすべて色があるけど、雪だけには色がなかった。
    雪は神様に言った。 「私にも色を下さい。」
    神様は言った。「ではあなたは花から色をもらいなさい」

      しかし冷たい雪に色をくれる花はいなかった。
     困っていた雪に一つの花が話し掛けてきた。
     「私は真っ白だけど、それでもよければ色をあげるわ。」

      それ以後、その花を「snow drop」と名づけ、
     雪は今もその花を守り続けているという。
   -----------------------------------------------------------------

これは、どこかの国の神話なんだそうです。 とってもロマンティックですよね・・・。

98.12.26

今日の1曲: 「May Fair」/GLAY

98.12.27

今日の1曲: 「winter fall」/L'Arc〜en〜Ciel
        の、"Like a Piano Solo"フィルター & 1/2速モード(笑)

MIDIデータを拾ってきて、「TMIDI PLAYER」とゆうソフトで1/2速再生をやってみているんですが、
なんだかものすごく悲しい感じの、せつな〜い歌になります。(泣) ほかには、GLAYの「誘惑」は
"Like a Church"フィルターで1/4速モードくらいにすれば、バラードに変化してきます。(汗)
けっこう、楽しいですねぇ・・。

98.12.28

今日の1曲: 「BE WITH YOU」/GLAY

「タブロイド」の真鍋さんのような気持ちになる瞬間がある。

「あなたがたはいつもそうだ。物事を片方からしか見ようとしない。 物事には、裏と表がある。」
「ただ、俺はジャァジャァと音を立てて流れ落ちる水道の蛇口を止めたかった。」

 ぼくの素直な気持ちは・・・ すべて、この二言であらわされます。

98.12.29

今日の1曲: 「ラストチャンス」/Something Else

 ご存知、「雷波少年」で新曲発表の機会を与えられたバンドの復活をかけた1曲。
このCDシングルがオリコンで20位以内に入らないと、メンバー全員は音楽とは関係ない
業種に転職しなければならないとゆう企画だそうです。

でも、ぼくとしてはこの曲よりも、なかなか高い声の出なかったあの曲のほうが聴きたかったな・・・。
(番組見てないと話題について行けないネタですね・・。 ゴメンナサイ・・。)

98.12.30

今日の1曲: 「セロリ」/山崎まさよし

なんだか、自分のイヤな人のことを考え始めると・・・ 自分が何気なくやってるしぐさの中で
その人のクセみたいなことを自分がやってるとき、ものすごいイヤな気持ちになってやめてしまいます。
それは、行動だけでなく感情や言葉や考え方まで。 これって変ですか?

98.12.31

今日の1曲: 「戦場のメリークリスマス」/坂本龍一

明日はいよいよ、「戦場のメリークリスマス」ならぬ「戦場の元旦配達」。

でも、この曲ってラジオの深夜番組の合間とかによく流れてません?


99年・1月の日記へ
インデックスに戻る